雪国に別荘を建てた場合のおすすめの過ごし方

日本には雪が降らない地域が多い

日本は人口の多い首都圏・東海・関西あたりの地域において、毎年必ず積雪が見込める地域というのはあまりありません。そのため、それらの地域に住んでいる場合は車や新幹線などで山のほうに行かなければ雪国体験をすることができません。そのため、子供の頃から雪国に強い憧れを持ってきたかたは、積雪量が多い一方で交通の便はよい地域に別荘を建てるというのもおすすめです。

まずはやはり雪見風呂

雪国に住む際、やはり雪国独特の体験として国民の憧れの存在であるのが雪見風呂です。別荘に大きな窓のある内風呂もしくは露天風呂を作れば、毎年、憧れの雪見風呂を楽しめます。そして湯船の中で軽く飲食をするというようなこともおすすめです。

スキー場に行って遊ぶ

雪国に別荘を建てた場合、かなり高い確率で近隣にスキー場が存在します。そして、ホテルやロッジに泊まる場合はチェックインの時間を守らなければならなかったり色々と気を遣わなければならないことがあります。しかし、別荘からスキー場に通うのであれば日中もナイターも時間のことなど何も気にせずスキーやスノボを楽しめますので、健康のためにもウインタースポーツを満喫するのはおすすめです。

クリスマスパーティーをする

北海道のほか、本州の豪雪地帯は12月の時点で雪が降り始めます。そして、自身が普段住んでいる地域では雪が降らないことが不満で雪国に部荘を建てた場合、楽しみなのがホワイトクリスマスです。外では雪が降る中でのクリスマスパーティーというのは貴重な体験ですので、12月には別荘に仲間を呼んでパーティーをすると盛り上がること間違いなしです。

多くの自然に囲まれた立地にあることが、八ヶ岳の別荘の特徴です。鳥のさえずりなど、自然を間近で体験できます。

八ヶ岳に移住の方はこちら
八ヶ岳の別荘地はこちら