デザインでも特別?店舗デザインに求められるものとは

雰囲気があっているかどうかは大事!

店舗デザインをするにあたって最も需要なことは、お店の雰囲気にあっているかどうかです。ここで言うあっているかどうか?というのは、例えばお花屋さんの店舗であれば、お花屋さんとイメージできるような、外観や看板だけでなくお店のオーナーや従業員にあっているかどうか?ということです。これは非常に重要で、いくら今までたくさん店舗のデザインを手掛けてきたといってデザインしても、お客様から見てお店の人やお店のコンセプトに合っていないものは違和感があります。また、働く従業員にも毎日目にするお店の光景に違和感があると、仕事もはかどりませんし、きつい作業になってしまいます。お店との些細な情報や打ち合わせなどのやり取りを何回もすることで初めて、雰囲気にあったデザインをすることができるのです。

店舗の内装には気使いが必要!

店舗には事務所の役目から、集客の場所といった色々な目的で使用されますが、内装へのちょっとした気使いが心地よい空気を作り出します。ではどういった気使いが必要かというと、機能性があるか?というのが気使いになります。機能性とは、机やイスなどの便利さや配置も大切ですが、使用するクロスやフローリングなどの建材の機能性があるかや色は何色がいいかなどが、快適な空間に差をつけるのです。例えば、透湿性の良いクロスや塗料を使用するとか、ペットなどがなかに入ることがあるような空間では、ペット用のクロスやフローリングを使用するなどです。そうする事で、店舗にあった最高のデザインをすることができます。

新しい家やリフォームし直す際、自分好みの内装デザインにするためには、部屋のコンセプトをしっかり決めることが重要です。