終の棲家は自分流にこだわりたい!注文住宅は納得して建てよう!

注文住宅の特徴と管理上の注意点

注文住宅は建物のデザインや使用する建材などを入居する依頼者の側が決めて建てた物件を指します。既に出来上がっている住宅を購入して入居する建売住宅と異なり、自分好みの造りに出来るのが最大の利点です。建物の外観をおしゃれに演出出来る他、環境や健康への悪影響が無い安全な建材を選べるなど、独自のこだわりを形に出来るのが注文住宅を選ぶポイントになっています。

その一方で注文住宅を選ぶ場合、安全性や法律の遵守を心がけることも大切です。デザインをイメージしても建物の耐久性が損なわれたものでは実際に建てることが出来ません。また、法律で定められている建蔽率に違反しても建設許可が出ないので、理想と現実を寄り添わせて納得出来る形で妥協することも必要になります。

満足出来る注文住宅の建て方

注文住宅を建てる際は建設作業を行う業者との入念な打ち合わせが不可欠です。既存の作業イメージが完成されている建売住宅と異なり、注文住宅は家主の希望に沿って建てられます。そのため、建物の構造に関するイメージが家主と作業者とで異なることが多いので、何度も打ち合わせを行ってイメージを共有させるのがトラブルを避ける条件です。また、使用する建材も目的に合致している物を選ぶのが住み心地の良い住宅に仕上げるポイントになります。特にシックハウス症候群などの疾患を避ける目的で建材を指定している場合は一切の妥協はせず、安全基準を満たしている建材だけを用いるのが家族全員が快適に暮らせる家にするためのこだわりです。

建物が密集する地域では、その土地を活かした造りの家を建てることが求められます。足立区の注文住宅では、狭い面積の土地を活かしたビルトインガレージ仕様です。

東京の足立区の注文住宅ならこちら