店舗デザインを上手に行えばお店はうまくいく

動線を考えることに力を入れよう

お店を開く場合には、メニューや値段は重要になりますが、それと同じぐらい重要になるのが店舗デザインです。お店の雰囲気が良ければ、口コミが起こりたくさんのお客さんが来店することになります。結果的に売り上げが増えるでしょう。一方で店舗デザインが悪ければ、常連客ができにくくなりお客さんがお店に足を運ぼうと思わなくなる傾向があります。
店舗デザインを考えるに当たり重要なことの一つは、動線を考えることです。動線といっても、お客さんの動きだけでなくスタッフの動きも同時に考えることが大事です。
例えば、カフェを開く場合には、店員がお客さんのもとにコーヒーやケーキを運びますが、動線が悪ければ店内を歩いているほかのお客さんとぶつかってしまうことも考えられます。ですが、キッチンとお客さんのテーブルの道がすっきりしていれば、考えられるトラブルを事前に避けることができるでしょう。

入り口付近にも注目する

店舗デザインを考える場合は、細かなところも決めていかなければなりません。例えばレジの場所をどこにするかによっても入りやすく出やすいお店にすることができるかが決まります。レジの周りに商品を並べておく場合は、あらかじめ広いスペースを確保しておくことが必要です。
また、会計待ちのお客さんとこれからお店に入ろうとするお客さんが接触しないように、入り口だけ広くしておくことも大事です。それ以外では、どこからでもお客さんを見渡せるように、店内に障害物を可能な限り置かないことも大事になるでしょう。

店舗の内装とは一からデザインしたり、既製品をならべデザインしたりの方法があります。全体のイメージを左右するは床、壁の色、照明などです。