意外に知らない?ファミリー向け賃貸物件の特徴とは?

間取りは3LDKが標準的

3LDKの間取りの部屋があれば、それはファミリー向けの部屋なのだと理解していいでしょう。確かにファミリー層でなくても3LDKの部屋を借りてもいいのですが、作り手側は家族を想定して作っていることが多いです。夫婦の寝室や子供用の部屋があったりと、日本の平均的な家族世帯にぴったりフィットするように作られています。部屋が広い分、値段は高くなりがちです。不動産業者は、経済的に余裕のない家庭でも入れるようにと、多少郊外にこうした間取りを持つ部屋を用意する傾向にありますね。少し郊外に行くだけでも不動産の価格は落ちますから、3LDKあたりのそこそこ広い間取りもリーズナブルに用意できるようになるわけです。

小学校や公園の近くに建っていることが多い

ファミリー向けの賃貸マンションは、小学校や公園の近くに建っていることが多いです。子どもが学校に通いやすいようにと物件探しをする人が多いのがその理由でしょう。ちなみに、小学校や公園の近くなら治安も割といいはずなので、その意味でもメリットは大きいです。閑静な住宅街に建っているケースが多いのも特徴的でしょうか。育児がしやすい地域かどうかで、マンションのタイプも変わってきます。賑やかな繁華街や大学近くには単身者向けのマンションが多く、静かで過ごしやすい地域にはファミリー向けのマンションが多くなります。考えてみれば当然のことでしょう。奥さんが買い物しやすいように、大型スーパーの近くにあるパターンも増えてきました。

多摩センターの賃貸は、駅から徒歩圏内に多数の物件が存在しており、都心へのダイレクトアクセスも可能なので、通勤に大変便利です。